ナチュラル薬膳生活文化普及協会認定校
日本メディカルハーブ協会認定教室
HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

薬膳について

Q:薬膳とは何ですか?

Q:薬膳フードセラピーとは何ですか?


Q:ナチュラル薬膳生活とは何ですか?

Q:薬膳は中華料理ですか?

Q:薬膳はマクロビオティックとは違うのですか?



レッスンについて

Q:お料理に自信がなくても薬膳を作れますか?

Q:どんな先生に教えてもらえるのですか?

Q:定員は何名ですか?

Q:専門家養成コースと家庭薬膳クッキングクラスはどう違うのですか?

Q:どのくらい通えば薬膳レシピを作れますか?


Q:薬膳スクールでなぜメディカルハーブを教えているのですか?

Q:資格取得後、どのようなサポートがありますか?

Q:コースレッスンの振替は可能ですか?


Q:薬膳とは何ですか?

A: 中国伝統医学(中医学ともいいます)に基づく中医薬膳学の見地から厳密にいうと、薬膳は食べる人の心や身体のコンディションを見極めて、その人に合う薬膳素材や調理法を選び、健康の維持増進や病気の予防治療のために食膳を組み立てることです。

 つまり、薬膳は完成形の料理として捉えられがちですが、実際は健康に対する特定の目的を持って理論的に食事を供するスキルです。ですから、薬膳は薬膳フードセラピーまたは食養生といわれることもあります。

 人の心身の状況は、体質・体調・年齢・生活環境・天候・季節・精神的的ストレスなどによって刻々と変わるものです。薬膳作りに際しては、中医薬膳学的に薬膳素材の性質を理解して、食べる人に適切な食材と調理法を選び出してレシピを組み立てるという一連のプロセスを踏んでいます。

 薬膳素材には、特殊な中薬(生薬や漢方薬ともいいます)だけでなく、鶏肉やほうれん草など私達が普段スーパーマーケット目にする日常的な食物がたくさん含まれています。

<<< よくあるご質問トップへ戻る

Q:薬膳フードセラピーとは何ですか?

A: 薬膳フードセラピーは薬膳や食養生ともいわれ、二千年以上の歴史を持つ中国伝統医学に立脚した中医薬膳学の理論を用い、食事で健康管理を行うことです。

 中医薬膳学は、中医学理論に基づいて中薬・食材・調理法を選んで作ったお食事で、健康の維持・増進や病気の予防・治療を目指すための学問です。

 心身の陰陽バランスは、私達の健康に関わる精神や身体の陰陽バランスのことです。陰陽バランスは、中国古代哲学から生まれた万物の調和に関わる概念のことです。
<<< よくあるご質問トップへ戻る

Q:ナチュラル薬膳生活とは何ですか?

A: ナチュラル薬膳生活は、自然派食材で作る薬膳フードセラピーを中心に、心身の陰陽バランスを整えて健康に暮らすための自主的なライフスタイルです。


 自然派食材は、なるべく農薬・人工肥料・人工化学添加物を含まない健康に安心な食材や加工食品のことです。
ナチュラル薬膳生活® 商標登録第5203750号
<<< よくあるご質問トップへ戻る

Q:薬膳は中華料理ですか

A: 薬膳フードセラピーで作るお料理は、必ずしも中華料理に限る必要はありません。

 薬膳の礎となる中医薬膳学が中国発祥であるため、薬膳フードセラピーは必ず中華料理の形式で行うものだと思われることがあります。中華料理は苦手なのですが薬膳を習えますか、というご質問を受けることさえあります。

 薬膳は中医薬膳学に基づいて、食べる人の心や身体のコンディションを見極め、その人に合う薬膳素材や調理法を選び、健康の維持増進や病気の予防治療のために食膳を組み立てることです。

 薬膳フードセラピーを施膳する際は、中医診断学に基づいて食べる人のコンディションを見立てます。その時点での薬膳フードセラピーの目的にふさわしい調理法であれば、食べる人の好みに合わせて和風の炊き込みご飯や洋風のスープを作ることもあります。

 ★薬膳レシピ集★にて、様々な調理形式の薬膳フードセラピーをご参照頂けます。

参考文献

薬膳フードセラピーの暮らし方を学ぶ
『ナチュラル薬膳生活入門編』
p.31-32
<<< よくあるご質問トップへ戻る

Q:薬膳はマクロビオティックとは違うのですか

A: 薬膳は中医薬膳学に基づいて、食べる人の心や身体のコンディションを見極め、その人に合う薬膳素材や調理法を選び、健康の維持・増進や病気の予防・治療のために食膳を組み立てることです。

 マクロビオティックは、昭和初期に、桜沢如一さんという日本の方が普及を始めた自然食運動だそうです。基本理念として中国の古文書『易経』に記された内容を取り入れているそうです。但し、マクロビオティックの食物の分類法や調理法の選択などは、中医薬膳学の解釈と同じではないようです。マクロビオティックの詳細については、その専門分野から情報を得ることをお勧めします。


 マクロビオティックに関連してよく聞かれる例としては、薬膳フードセラピーにおいて、動物性食物や玄米を使うのですかという質問があります。

 薬膳フードセラピーを施膳する際は、中医診断学に基づいて食べる人のコンディションを見立てます。その時点での薬膳フードセラピーの目的にふさわしい薬膳素材であれば、動物性食物や玄米を用いますが、そうでない場合は使いません。

 繰り返しになりますが、薬膳フードセラピーは、必ず特定の食物や調理法を使うべきだという「ルール」ではなく、食べる「人」のコンディションに合わせて食膳を組み立てることだからです。

参考文献
『東洋医学の本』
2005年第2刷
㈱学習研究社
p.214
<<< よくあるご質問トップへ戻る

Q:お料理に自信がなくても薬膳を作れますか?

A: 薬膳を作るのにまず大切なのは、調理技術よりも食べる人に合わせた食事を施膳しようとする真心です。薬膳フードセラピーを理論と実践の両面から学びながら、自分のことも含めて食べる人の立場を考え、丁寧に美味しく作ろうとする心がけがあれば大丈夫です。


 ★薬膳レシピ集★
では、家庭的な薬膳フードセラピーを紹介しています。
<<< よくあるご質問トップへ

Q:どんな先生に教えてもらえるのですか?

A: 大学で中国研究を専攻して就職した後、働きながら中医薬膳学、人文科学を習得し、薬膳スクールを設立してからもさらに、メディカルハーブや心理学を習得したオーナー講師です。国内・海外での学生生活や勤務経験を通じて手に入れた、食に関する体験談も交えながら、薬膳フードセラピーの暮らし方を、日本の家庭生活向けに楽しく指導しています。
★講師紹介★
<<< よくあるご質問トップへ

Q:定員は何名ですか?

A: マンツーマンから8名です。講師が生徒さんひとりひとりの理解度やニーズを把握出来るよう、少人数制で丁寧に指導しています。
<<< よくあるご質問トップへ

Q:専門家養成コースと家庭薬膳クッキングクラスはどう違うのですか?

A: これらのレッスンは、中医薬膳学の専門知識や薬膳を考案するスキルを体系的に習得するか、または薬膳調理を中心に楽しく学ぶか、目的によって違います。

 専門家養成コースでは、中医学および中医薬膳学の基礎理論や薬膳素材の分類体系について専門用語を交えて学びます。そして、比較的作用が穏やかな中薬を使用して薬膳レシピの組み立て方を習得します。最終的に自分で薬膳テーマを決めてレシピを組み立てられるようになるのが目的です。

 家庭薬膳クッキングクラスでは、中医学や中医薬膳学の専門用語は使いません。毎月のテーマにそって薬膳レシピの組み立てや薬膳素材選びについて、ピンポイントで分かりやすく説明し中薬はほとんど使いません。家庭的な薬膳レシピのお料理の方法を楽しく学ぶのが目的です。

 ナチュラル薬膳生活に関するレッスンの選び方については、薬膳フードセラピー【レッスン総合ガイド】もご参照ください。
<<< よくあるご質問トップへ

Q:どのくらい通えば薬膳レシピを作れますか?

A: 様々な薬膳素材の作用や性質を理解したうえで、季節・体質・体調などを考慮して食べる人のコンディションを見極め、薬膳レシピをさっと考えて自分で組み立てられるようになるには、通年の専門家養成コースを前期(6ヶ月)または通年(1年間)で受講して体系的に学ぶことをお勧めしています。

 コーディネーター養成コース【前期】では、季節的な要因で起こりやすい不調の予防・治療を目的とした薬膳フードセラピーを行えるように指導します。

 さらにアドバイザー養成コース【後期】へ進学すると、中医診断学の基礎知識を活かして食べる人の証(中医学的にいう不調のタイプ分けのこと)を見立て、体質や体調に合わせて失調を予防・治療するための薬膳フードセラピーを行えるよう指導します。

 家庭薬膳クッキングクラスでは、月替わりのテーマで中薬を使わない家庭的な薬膳のお料理を学びます。毎回のレッスンで習った薬膳レシピは、ご自宅でそのまま作れます。


 ★薬膳レシピ集★
で、認定資格会員や養成コース受講生の薬膳フードセラピーをご参照頂けます。
<<< よくあるご質問トップへ

Q:薬膳スクールでなぜメディカルハーブを教えているのですか?

A: ナチュラル薬膳生活では、薬膳フードセラピーを処方する際の薬膳素材に、メディカルハーブを取り入れることもあるからです。メディカルハーブのレッスンには、伝統医学や薬草学だけでなく化学・生理学・心理学の要素も含まれます。これとは別に、ナチュラル薬膳生活のレッスンでメディカルハーブを使う場合には、中薬学や中医薬膳学の視点からも、ハーブの働きを紹介することがあります。

 例えば、中薬学で桑葉(そうよう)と呼ばれている薬草は、桑の葉部ですが、同じ植物がメディカルハーブの分野では、マルベリーリーフと称されています。薬膳素材となる植物に対する解釈が、専門分野によって異なる場合もありますが、ナチュラル薬膳生活ではこれらの働きを多角的な視野から捉えて、薬膳フードセラピーに利用しています。

マルベリーパウダー
<<< よくあるご質問トップへ

Q:資格取得後、どのようなサポートがありますか?

A: 
認定資格を取得するとレベルに応じて認定サロン・認定教室・認定校を開業する機会があります。また、認定資格者の多様なニーズに合わせて、各種の研修が用意されています。

 
薬膳の認定資格者の研修/開業支援システムについては、薬膳フードセラピー【レッスン総合ガイド】もご参照ください。メディカルハーブの認定資格者については、日本メディカルハーブ協会の各種研修が受けられます。
<<< よくあるご質問トップへ

Q: コースレッスンの振替は可能でしょうか?

A: 専門家養成コースでは急病などやむを得ない事情の場合、2年以内に振替を受けて修了出来ます。但し、無断欠席や事後連絡が3ヶ月以内にない場合は、該当しません。

<<< よくあるご質問トップへ

レッスン | ウェブショップ | 薬膳レシピ集美味しいブログ事業概要
免責事項参考文献自然派食材リンクQ&Aお問い合せアクセス
Copyright Project Lotus All Rights Reserved
ナチュラル薬膳生活カレッジ 柏本校サロン
〒277-0843 千葉県柏市明原4-11-32 蓮蓉茶樓(れんようちゃろう)ビル
当ホームページの内容の無断転載・コピーは固くお断り申し上げております。